家族の年齢も変わります


間取りは家の中身なので一番気になるところですが、家族全員が
満足する間取りを決めるのは容易ではありません。

いろいろな家庭があります。夫婦と子供と年配者の条件を考えて、
生活動線をどのように取り入れるか、その場合に年齢(年代)や
職業、生活習慣、行動などバラバラですから難しいです。

間取りを考える上での設計要点は、

   ■光と風通し

   ■壁の単純構造で強度を持たせる

   ■プライバシー

   ■環境に合わせる

などですが、それらの要点と家族の生活動線をうまく組み合わせ
なければなりません。

最今では、各室を通過(横切る)しないで別室に行くための廊下
を造らないようです。替わりに、家の中央に広間を設けて部屋と
廊下を併用しているのも見掛けるようになりました。

また、家族みんなの希望を取捨選択するために、家族と相談する
のはいいですが、まとめるのは1人が良いです。

決定権の有る中心になる人に任せるべきです。その人は、間取り
について、それなりに勉強しなければならない事になります。

家は何10年も住み続けて、家族の年齢で生活も変化するものな
ので、間取りも、目先の短期間を前提にしないほうが良いのでは
ないでしょうか。

場合によっては、家族の要求は、我慢・無視も考えられます。




 





トップページ 家づくり体験記 目 次(site map) お問い合せ(contact)