好い建築士を探そう


建築士には1級、2級、木造の3つの資格がありますが、設計事務所
と称して住宅の設計業務を行っているのはほとんど1級建築士です。

 

建築士に予算を伝えて設計を希望すれば、予算に合った設計プランを
提案してくれます。

 

建築士は、その設計に基づいて複数の施工業者から予算に合った見積り
をとり適切な業者を選びます。

 

いろいろな建築士がいますが、
   ※どんな建築が得意か。
     住宅建築が得意で数多くの実績があるかどうか。       

 

   ※実際に造った家を見せてもらう。
     住宅の外観はもとより施工中の住宅が有れば、内部の細かい
     部分の施工・材料の説明を聞く。

 

   ※設計プランが予算内で収まる設計かどうか。
     住宅のどの部分を重点に設計されているか。外観だけに囚われ
     ていないだろうか。

 

   ※当方の希望を理解しているかどうか。
     例えば、キッチン・トイレ・バスなどの水回りを使いよく設計
     して欲しいと頼んだとして希望通りになっているか etc...。

 

※気風が合っているか。
理屈でなく何となく性格や感性が近いようなタイプの建築士が
良い。デザインなどにも通じるところがある。

 

個人的な例で恐縮ですが、
     街の通りすがりに見た家の外観が気に入った事実があります。
直感で、
     「この建築なら多分、思い通りの家が造れるかもしれない。」
厚かましくも訪問してしまいました。
     「何処の建築設計事務所に頼んで造られたのですか?」

 

紹介してもらった建築士に依頼して結果は大成功、現在の我が家を造る
ことができました。(家づくり実現に、ほぼ満足した特別な例です。)

 

 

建築士に依頼すれば、家族の要望と予算に合った設計プランを妥当な
料金で施工してくれる業者に発注できます。そして、質の高い工事を
してもらうことができます。

 

「安かろう悪かろう」の住まいを避ける唯一の方法です。

 

胸躍らせて造るマイホーム。快適な生活を期待しても、暫らく住んで
いるうちにガタがきて不備だらけでは困ります。

 

良い建築士との遭遇は、最初に乗り越えるハードルかも知れません。

 

 

 

 

 


トップページ 家づくり体験記 目 次(site map) お問い合せ(contact)