設計事務所で工事監理





建築設計のところで書きましたが、建築士は意匠設計、構造設計、
設備設計の3部門から成り立っていて、それぞれの役割が発揮され
てこそ、快適な住まいを建てることが可能になります。

 「家を新しくしました!」「どこの業者ですか?」
というやり取りがあったとします。

一般的な回答として考えられるのは、

 「何々工務店、知っている大工さん、あのハウスメーカー」

などが多いのではないでしょうか。

モデルハウスを見たり、雑誌広告のサンプル物件を気に入って、
施工業者に直接発注しているようです。

住宅の写真や現物を見て決められるから手軽です。

それに比べて、建築設計事務所を窓口にした家づくりは、白紙の
状態から(細かい設計から)なので少し面倒ですが、格段の差が
あります。理想の住まいを手に入れる最大のメリットがあります。

希望の家づくりを達成するためには、設計と施工を別々に頼むこと
をおすすめします。そのメリットは工事監理の問題です。

建築設計事務所は工事監理の責任が有ります。

工事監理とは、建設作業が設計通りに進行しているかを検査・
確認する事です。建築設計事務所は建築内容の質を高める重要な
役割りがあるのです。

ちなみに、施工業者を窓口にした場合は、施工業者が内部で設計を
しますので、自社の扱いなれた工法・材料を優先して使う設計に
なるようです。 

設計と施工が同じ会社の場合、仲間内で工事監理してしまうので、
施主の希望通りの施工がなされているかのチェック機能が働かない
と言えます。

設計・施工がそれぞれ独立していれば、建材・施工コスト削減が
不可能なので、粗悪な建材・工法を採用されることがありません。

建築設計事務所を窓口の家づくりを強くお勧めします。



 




トップページ 家づくり体験記 目 次(site map) お問い合せ(contact)