三つから厳選


家を改築するに当って、表題をリフォームとしましたが以下の三つが考えられます。

■リフォーム

家が老朽化したり改良したい場合の手直しを指します。外壁の塗り直し、キッチン
設備の改善、壁紙や襖の変更など比較的小規模な工事をすることです。

■リノベーション

大規模な改修で、新築時よりも家の価値を上げることを言うようです。
給・排水設備や冷暖房の大幅変更などが該当します。

■建て替え

現在の家を解体し、新しく家を建てることを言います。

要するに上から順に小・中・大の改修で、元通りに直すのがリフォームで、それ以上
プラスアルファがリノベーション、もっと全面的に直さなければならない場合に解体・
新築の建て替えとなります。

リフォームは小規模な工事で済みますので問題ありませんが、リノベーション
と建て替えは道路幅や下水管などの法律的な制約が関係してきます。

そしてリノベーションと建て替えは工事費用も嵩みますから、要望の程度に合わせた
費用の比較が特に必要になります。



 

リフォーム記事一覧

建て替え 解体業者

当たり前ですが、特に解体業者を選ぶ際は、あい見積を複数の業者からとるのが良いとされています。工事内容を照合するのが肝心です。坪単価、工事期間、廃材処理(特に注意)、などの項目について、全ての業者が注意深く提出しているかどうかです。見積りの漏れが有って、あとから高額な請求が生じないように比較検討した方...

≫続きを読む

建て替え 解体工事

建て替える場合は古い建物を壊すことになりますから解体工事が必要になります。工事期間を確認し、その期間は仮住まいになりますから仮住まいの家を準備して探す必要もあります。振動、騒音、ほこりなどが発生しますので、あらかじめ工事をする前に、ご近所さんに「工事の期間の迷惑」を伝えます。住宅を取り壊した場合は、...

≫続きを読む

建て替え 解体費用

解体費用は素人考えでは、叩き壊すのだから大した費用は掛からないだろうと考えますが、状況によって大差がありそうです。廃材を処分するだけでも結構費用が掛かります。建物が木造か鉄骨かでも違いますし、隣接の家屋、道路、交通量、密集地かどうか、外構の障害物、植栽なども影響します。産業廃棄物の処理方法や解体業者...

≫続きを読む

リフォーム総額比率

今住んでいる家が古くなり、ところどころ傷んできたときに、新しく建て替えた方が良いか、手直しリフォームが良いか、迷うことがあります。厳密にはこの比較は、リフォームではなくリノベーションなのですが、ややこしいので通称のリフォームと呼称します。基礎部分の交換など大掛かりなリフォームが必要なら新規に建て替え...

≫続きを読む


トップページ 家づくり体験記 目 次(site map) お問い合せ(contact)